ローズの力が凝縮された HANAオーガニック「ムーンナイトミルク」 

HANAorganic ムーンナイトミルク
先日、HANAオーガニック製品開発者の林田さんの美容ブロガー向けセミナーに出席し、素敵で楽しいお話を伺ってきました。

開発者の林田さん

HANAorganic 林田七恵さん林田さんは、元々肌が弱く、中高の6年間は皮膚科に通い続けていたほどニキビや敏感肌に悩まされ続け、ニキビ跡やトラブル対処で出来てしまったシミによる肌のコンプレックスが強かったそうです。
そんな経験から、12年間無添加化粧品の開発をされていらしたのですが、それでも当時はご自身の肌に自信がなく人前に出ることは無いまま過ごされていたそうです。

ですが、オーガニック化粧品のお手入れを続けているうちに、広告のようなつやつやスベスベの肌でなくても、ご自分の肌の最高の状態であればいいんだというお気持ちになられて、

「私史上、最高の肌に出会う。」

という、素敵なコンセプトのもとHANAオーガニックを立ち上げらました。

実際にお会いした林田さんは、肌トラブルに悩まされていたとは思えない、とても素敵な肌の持ち主でした。
TVで見るツルッツルの女優さんのようではありませんが、とてもナチュラルでキレイで元気なお肌って印象でした。
ご本人もナチュラルでとても素敵な女性でした♪
(出来ればもう少しお話したかったです(*^_^*))

「私史上、最高の肌」とは?

HANAオーガニックのコンセプトである、「私史上、最高の肌」ってどんな肌なんだろうって思いますよね。

HANAorganic 自分史上最高の肌林田さんによりますと、人は自分の腕の内側の肌にまでは出来るとのこと。

そういわれて見てみると、自分の腕の内側は、顔よりもずっと色も白く、シミなどもなく、キメも整っています。
腕の内側と頬を同時に触ってみると、明らかにスベスベ感が違うんです。

がんばれば自分の肌がここまでなれる可能性がある、と思うだけでちょっとテンションも上がりました。

ローズの力と女子力

ローズ
HANAオーガニックでは、特に「ローズ」にこだわり商品を作られているそうです。

HANAorganic ローズの力ローズに含まれるローズポリフェノールが、メラニン色素を作らせない働きをし、ローズプラセンタは肌の生まれ変わりを促進、また、ローズに含まれる500種類以上のアロマ成分が細胞分裂や修復に携わる副交感神経に作用することで、美白・美肌作用が高いそうです。

また、ローズは女性ホルモンを高める働きがあり、14世紀のハンガリーの王妃エリザベートは、ローズの化粧水を使ったり薔薇ジャムを食べたりと美容対策をし、その結果77歳で、隣国の20代のポーランドの王から求愛された、という実話もあるそうです。

セミナーでこのお話を聞いて、以前TVで女性タレント(どなたか忘れました(^_^;))が、山本モナさんがいつも良い香りがするので、使っている香水を聞いたところ、何も使っておらず、毎日バラの飲料だかジャムだか(すみません、ここも忘れました(^_^;))を摂っているとのことで、「女子力高い人は違う!」と話していたコトを思い出しました。

ローズもたらす女子力ってすごいのかも。と思いました。

ムーンナイトミルク

HANAorganic ムーンナイトミルク
そんなHANAオーガニックで一番の商品がムーンナイトミルクです。

こちらは、アッドコスメの週間ランキングで1位を獲得。
ロハス情報サイトNo.1の「MYLOHAS」の乳液部門で、発売から1年たたないうちに大賞を異例の最速受賞。
という華々しい受賞歴もある人気商品。

ムーンナイトというだけあって、肌の生まれ変わる夜12時~2時に使用して眠っているのが最適だとか。

1本に薔薇の花びら1000枚分のローズエキスを配合した濃縮ローズ美容液でオールインワンのように使用してもOKだそうです。

HANAorganic ムーンナイトミルク 使用感テクスチャーは、ゆるめのトロリとした乳液で、伸びも良くベタつくこともなくスッと浸透してしっとりしました。
香りはもちろんうっとりローズなのですが、若干草っぽい香りも混ざっているように感じました。

ここで、開発者林田さんから衝撃のお話が!
香りを嗅いで「良い香り~」と感じる人は、若干女性ホルモンが足りない可能性が・・・、とのこと。
人は身体が求めているモノが良い香りと感じるそうです。
やはり年齢による女性ホルモンの減退かしら?とちょっと自分にがっかりしてしまいました(^_^;)。

ムーンナイトミルクの成分

HANAorganicムーンナイトミルク 成分

ムーンナイトミルクの全成分は以下の通りです。

ダマスクバラ花水、プロパンジオール、コメ胚芽油、ツバキ油、カプリル酸ヤシ油アルキル、水(エキス抽出剤)、(C14-22)アルコール、レウコノストック/ダイコン根発酵液、オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルピタン、サリックスニグラ樹皮エキス、アルキル(C12-20)グルコシド、キサンタンガム、月見草油、ビターオレンジ油、トコフェロール、アンズ核油、BG、オレンジ果皮油、オニサルビア油、イランイラン花油、ビターオレンジ葉/核油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、エタノール、トウキンセンカ花エキス、ダイズ油、ハチミツエキス、シャクヤク根エキス、デキストリン、加水分解オクラ種子エキス、加水分解ハトムギ種子、キュウリ果実エキス、ノバラエキス、ローズマリー葉エキス

成分の中で注目はやはり、花精油です。

ダマスクバラ 抗炎症作用・抗酸化作用がシミ・くすみに働きかけ日中のダメージ回復作用があります
オニサルビア 皮脂の過剰生産を減らし、炎症を和らげる作用があります
イランイラン リラックス作用や女性ホルモンの働きを助ける作用があります
ラベンダー リラックス作用や深い眠りに導く作用があります
ネロリ
(オレンジの花)
アンチエイジング精油と呼ばれ、皮膚の再生を高める働きがあります
ゼラニウム
(ニオイテンジクアオイ)
機能が鈍化した肌の血流を改善し、肌全体の浄化に役立ちます

全てが天然の素材由来なので、敏感肌の方や赤ちゃんのいるお母さんでも安心して使えると思います。

こだわりのパッケージ

HANAorganic パッケージ

他では類を見ない、パッケージの箱やパンフレットに使われている花や植物の美しい画像は、植物を実際にスキャンして作られた作品だそうです。
こちらは、フリーの映像カメラマンである荒木克己氏の作品で、荒木氏は2001年より植物をスキャン記録し始め、現在は「荒木克己作品集 花の小宇宙」という作品集も出版されているそうです。

HANAオーガニック ムーンナイトミルクまとめ

HANAorganic ムーンナイトミルク

今回は、セミナーというコトで手の甲でのお試しでしたが、やはりいずれは実際に使って眠ってみたいと思いました。

乳液・美容液としても使えますが、オールインワンとしてもOKというのが、手軽ですし、オーガニックであるコトも安心して使えそうです。

そして、私の最大の悩みでもあるシミに効きそうなところがとてもとても気になっています。
出来てしまったシミを無くすだけの対処療法ではなく、シミを撃退し、更にシミを出来にくい肌にしていくという根本的療法になるとのコトですし、開発者の林田さんは、美白を色々試した方にもぜひ使ってみて欲しいとおっしゃっていましたので、よけいに試してみたい気持ちがムクムクと湧いています(^_^)

詳細はこちら>>ムーンナイトミルク


ランキングに参加中です!
よろしかったらクリックお願いいたします。
 ↓↓

  にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ