乳酸菌・ビフィズス菌サプリ「天使のパウダー」で毎日スッキリしています

天使のパウダー

カラダハッピーのサプリ「天使のパウダー」をお試しさせていただきました。
実はサプリを摂り続けているのは初めてです(^_^*)

天使のパウダーとは

天使のパウダーは乳酸菌・ビフィズス菌・酵素を中心としたサプリメントで、パウダーとあるように粉末状です。
実は、乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱く、腸に届くまでに大変が死滅してしまうことがほとんどだそうです。

ですが、専門家ドクターと製薬会社と一緒に開発された天使のパウダーは、胃酸につよいビフィズス菌と乳酸菌、そしてその2つの吸収を高めるために2種類の酵素をプラスした、腸内環境効果に期待が持てるサプリメントです。

天使のパウダーの原材料

天使のパウダー・原材料
天使のパウダーの原材料は以下の通りです。

殺菌ビフィズス菌末、殺菌乳酸菌末、穀物発酵エキス末、植物発酵エキス末(甜菜糖、黒砂糖、麦芽糖、ヨモギ、ウコン、ドクダミ、キダチアロエ、高麗人参、バナナ、リンゴ、もやし、山芋、その他)、還元麦芽糖水飴末、デキストリン、クエン酸、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、(原材料の一部に小麦、バナナ、りんご、やまいも、大豆を含む)

【殺菌ビフィズス菌BR-108】
ビフィズス菌を殺菌処理し、1gあたり1,000億個に調製した殺菌ビフィズス菌素材。

【植物性ナノ型乳酸菌 SNK】
長野県木曽地方の伝統食「すんき漬け」由来の乳酸菌を独自技術により1ミクロン未満に加工することで、体内への取込量を高めた乳酸菌(殺菌)末だそうです。

天使のパウダーを飲んでみました

天使のパウダー・水に溶かす
「2~6g(ティースプーン)2~3杯を目安にお水に溶いてお飲みください」とあったので、まずは水80mlに小さ目のティースプーン2杯で作ってみました。

天使のパウダー・指にとるまず、指にとってみました。
真っ白でサラサラしています。
舐めてみると、甘くてマンゴー味で美味しいです♪
天使のパウダー・サラサラサラサラっと水の入ったコップに入れていきます。
天使のパウダー・混ぜる混ぜると黄色っぽくなりました。
そして若干粒っぽいものが残っているように見えます。
でもこの粒状なものが、口の中でざらざらするというようなことはありませんでした。

天使のパウダー・スプーン2杯と3杯
スプーン2杯で作ったものを飲んでみたのですが、ちょっと味が薄くて美味しさを感じなかったので、もう1杯追加しました。
画像はご覧のとおり、左が2杯で右が3杯いれたものです。
右くらいの色になって、初めて味がしっかりとして飲めました。

天使のパウダーをヨーグルトに混ぜてみました

天使のパウダー・ヨーグルトに入れる
水に溶かして2~3日飲んでみましたが、いまひとつ効果が薄い気がしたのと、不味くはないのですが、ちょっと味が微妙に感じ始めました(たぶん水の量のバラつきが問題でした)。
そこで、ビフィズス菌・乳酸菌効果UPを狙ってヨーグルトに入れてみることにしました。

天使のパウダー・ヨーグルト01ヨーグルトへもサラサラ~っと入れていきます。
天使のパウダー・ヨーグルト02すると、パウダーの端から溶けて黄色くなってきました。水の時よりもはっきりした黄色です。
天使のパウダー・ヨーグルト03混ぜると、若干黄色い感じになりました。

今回、スプーン山盛り2杯のヨーグルトに小さ目ティースプーン2杯をまぜました。
これが、とっても美味しいのです!
水の時よりも、ヨーグルトに入れた時から美味しそうな香りもすぐにして、味も断然美味しかったです。
それから、毎日1回この配合で食べるようにしています。

天使のパウダーの効果とまとめ

天使のパウダー

すごく気にしているわけではありませんでしたが、元々便秘体質な私。
毎日出ないのが当たり前で、1週間のうちに何度か「以前出たのはいつだっけ?」と考えるほど。

ですが、天使のパウダーのヨーグルト配合を摂るようになってから、便通効果もしっかりと感じています。
私の場合は口にしてから、大体丸一日24時間で便通効果となるようなので、基本的に毎朝1回食べるようにしています。

今まで毎朝きちんと出るという事がなかったので、気にしてなかったはずなのに、やはり嬉しいです。

また、気のせいかもしれませんが、ヨーグルトの方が溶け具合も良いと思います。

ここまで効果を実感できたので、便秘の方は、天使のパウダーとヨーグルトの組み合わせは試してみる価値があると思います(*^_^*)


ランキングに参加中です!
よろしかったらクリックお願いいたします。
 ↓↓

  にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ