紫外線やエアコン乾燥対策にも!uruotte(うるおって)のリペアミルクは夏の髪もしっかり保湿

uruotte(うるおって)・リペアミルク
uruotte(うるおって)シャンプーも良いですが、最近はリペアミルクも続けて使用中。
夏は紫外線やエアコンによる乾燥で、肌だけでなく髪にも影響が出そうなので、uruotteのリペアミルクで保湿ケアしています。

uruotte(うるおって)リペアミルクとは

uruotte(うるおって)・リペアミルク
リペアミルクは、洗い流さないタイプのノンシリコントリートメント。(アウトバストリートメントとも言います)
北米ハーブ由来のリペア成分メドウラクトンVEが、ドライヤーやヘアアイロンの熱でキューティクルを整えてくれるそうです。

そのまま使用してもしっとりツヤッとするのですが、60℃以上の熱を加えると驚くほどツヤッツヤになってくれます。

uruotteリペアミルクの使用感

uruotte(うるおって)・リペアミルク:使用感

ポンプタイプで出しやすいです。

uruotte(うるおって)・リペアミルク:ワンプッシュテクスチャーは「ミルク」なので乳液状。
ワンプッシュの量がこのくらいです。
私は肩より5cm程長いミディアムロングでボリュームもありますが、2プッシュ程で足りています。

出した瞬間からとても良い香りが広がるので、使うのが楽しくなっています。

uruotteリペアミルクの成分

uruotte(うるおって)・リペアミルク:成分
リペアミルクの全成分は以下の通りです。

水、ホホバ種子油、グリセリン、ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル、ベンチレングリコール、(C14-22)アルコール、メドウフォーム油、(アブラナ種子油/シナアブラギリ種子油)コポリマー、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ラフィノース、メドウフォーム-δ-ラクトン、トコフェロール、ハトムギ種子加水分解液、スイカズラ花エキス、サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、グレープフルーツ果実エキス、アルキル(C12-20)グルコシド、(アクリル酸ビドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリイソブテン、PEG-7トリメチロールプロパンヤシ油アルキルエーテル、カプリル酸グリセリル、エチルヘキシルグリセリン、BG、パルマローザ油、イランイラン花油、ラベンダー油、ゼラニウム油、レモン果皮油、ローズウッド木油、ハッカ葉油、ベルガモット果実油

注目成分のメドウラクトンVE

北米のハーブ「メドウフォーム」のオイルから加工されたメドウラクトンVE(成分表示にはメドウフォーム-δ- ラクトンの記載)という植物由来成分。この成分は60℃以上の熱を加えると、毛髪成分と化学結合(毛髪のアミノ基とアミド結合)することで、キューティクルをととのえる働きをする、とても素晴らしい成分だそうです。この成分のおかげでツヤツヤ効果がうまれるのですね。

オーガニックホホバオイル配合

ホホバオイルは、コスメ系のオイルの中でも様々な効果がある高級なオイルです。
そしてオーガニックのホホバオイルは酸化しにくく、栄養を多く含んでいます。
ホホバオイルで髪をコーティングすることでリンスと同じ効果と、髪にツヤと潤いを与えてくれるトリートメント効果の2つの役割があるそうです。

8種類の精油

パルマローザ、ローズウッド、ラベンダー、レモン、ベルガモット、イラン・イラン、ハッカ、ゼラニウム。
上記の8種の天然精油が配合されているので、ナチュラルで使いながら癒されるとても良い香りです。

安心安全

植物由来の防腐剤を配合し、パラベン、フェノキシエタノールフリーとなっています。

uruotteリペアミルク夏使用のまとめ

uruotte(うるおって)・リペアミルク
使わずに髪をまとめようとすると、多少のくせっ毛も手伝って、若干モアモアとまとまりきらない感が出てしまう私の髪ですが、朝にリペアミルクを使ってドライヤーで熱を与えてからまとめると、きちっとまとまってくれて嬉しいです。

夏の紫外線や乾燥で痛みがちな髪をしっかりと保湿してくれていると思います。

塗っただけでも潤いツヤを感じますが、熱を加えた時のツヤツヤさは初めて使った時は驚かれるほどですよ!

髪の乾燥が気になる方や保湿ケアしたい方におススメです。

詳しくはこちら>>洗い流さないヘアトリートメント「uruotte リペアミルク」


ランキングに参加中です!
よろしかったらクリックお願いいたします。
 ↓↓

  にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ