他にないパワーを持つ卵殻膜コスメ!アルマードのコスメセミナーでお勉強

卵殻膜
先日、卵殻膜成分のパイオニア「アルマード」さんのセミナーに参加して、卵殻膜コスメについて勉強してきました!

卵殻膜とは

卵殻膜卵殻膜とは卵の殻の内側にある薄い膜のことです。
いつ、誰に聞いたかは忘れてしまいましたが、「卵の薄膜はお肌に良い」という話は結構前から頭にありました。
ヒヨコを守る卵殻膜
卵殻膜・ひよこ哺乳類はへその緒から栄養を与えられお腹で成長しますが、鳥の卵は産み落とされたまま、外部とつながることなく卵の中でヒナが成長します。卵の中で育つ間、ヒナに栄養を与え、外部の菌を100%シャットアウトし、紫外線もカットして、卵の中を守っているのが『卵殻膜』だそうです。

卵殻膜のもつパワー

卵殻膜・貼る昔から卵殻膜は貼り付けるだけで傷を治したりする効果が確認されていたそうです。
相撲部屋などでは、傷に卵殻膜を貼って治したりする習慣があったとか。

実際に貼ってみましたが(傷ではありませんが)貼った部分がちょっとスベスベして肌が柔らかくなった気もしました!驚きです!

卵殻膜の成分

卵殻膜は人の肌・髪と同じ18種類のアミノ酸で出来ています。
もともと人の肌と同じ構成なので肌にとてもなじみやすいのだそうです。
加えて、天然コラーゲンとヒアルロン酸も含まれていて、肌への味方のような成分で出来ているのです。

肌への効果
赤ちゃんの肌人の肌の70%はⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンで構成されていて、Ⅲ型コラーゲンは組織に柔軟性を与えます。
Ⅲ型コラーゲンは別名ベビーコラーゲンとも呼ばれ、赤ちゃんのころはⅢ型コラーゲンが多いため肌が柔らかくみずみずしいのです。

Ⅲ型コラーゲンは繊維芽細胞(せんいがさいぼう)というものによって作り出されます。
つまりは繊維芽細胞を増やせば、Ⅲ型コラーゲンが増えるのです。
そして、繊維芽細胞を増やす働きが卵殻膜にあり、現在他のものは確認されていません。

卵殻膜の加工

卵殻膜・溶けない実は卵殻膜は熱にも強く、水にも油にも溶けない加工しにくい素材だそうです。
最初に卵殻膜の機能を保ったまま加水分解に成功したのは、マヨネーズ生産で卵を多く使うキューピーだったそうです。
その加水分解卵殻膜を使って研究をつづけたアルマードは、その後、卵殻膜を微粉末化することに成功します。

アルマード商品の信頼性

アルマードアルマードは、卵殻膜について東京大学と共同研究を行い、学会での発表も行っています。

そして、アルマードの卵殻膜エキスは人の肌にどのような影響を与えるかを研究されている東京大学の名誉教授の先生が、ベストな状態に調合された特別なエキスだそうで、製品の肌への効果もしっかりと研究・実験し、ハリや弾力が生まれることも実証され、実際に人の肌で実験結果を持っている、現時点で唯一の卵殻膜コスメなのです。

卵殻膜コスメについてまとめ

アルマード・コスメ
お話を伺って、卵殻膜だけが持つパワーというものとても惹かれました。
貼るだけで効果もあるのですから、赤ちゃん肌とまではいかなくてもハリがでて肌の若返りが期待できるコスメだと感じました。

今回ありがたいことに、一番卵殻膜エキスが多く配合されているというオーディ1本と卵殻膜エキスと海泥エキスが配合されたマーレなんとかのローションとクリームのサンプルを頂いたので、ぜひとも試してレポしたいと思います。

エイジングを考えている人のみならず、肌悩みのある方は老若男女問わずご興味湧くスキンケア商品だと思いました。

商品について詳しくはこちらから>>アルマードオンラインショップ

【アルマード関連記事】
速攻浸透してピンっとハリ!卵殻膜エキス90%超美容液 スーパーオーディN
まさにパック後のツルスベな肌が持続! オーディ マーレモイスチャー
卵殻膜とタナクラクレイのコラボスキンケア!オーディ マーレローション
スーパーオーディNを他のコスメと混ぜて使ってみました!中々良いです♪


ランキングに参加中です!
よろしかったらクリックお願いいたします。
 ↓↓

  にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ