日本化粧品検定2級に合格しました

日本化粧品検定2級
11月初めに、JCLA(一般社団法人 日本化粧品検定協会)の第3回日本化粧品検定3級を受けて、先日合格通知が届きました。

化粧品検定とは

化粧品検定は、肌の構造やリンパマッサージ・メイクの基本的な方法、化粧品の歴史や化粧品の基礎的な知識・薬事法などなど、化粧品についての知識についての検定です。

WEBでいつでも受けられる3級から始まり、実際に年2回開催される試験を受けて合否が決まる2級・1級。
1級に合格し、さらに研修プログラムを受けることで「コスメコンシェルジュ」の資格が得られます。

コスメコンシェルジュ取得者には、モデルのアンミカさんやクワバタオハラの小原さんもいらっしゃいます。

化粧品検定を受けた理由

私は美容系の仕事をしているわけでもなく、美容に関して一般的なことしかしりませんでした。
ですが、このブログを書くようになって、コスメやその成分などなど美容に関して色々と調べるようになりました。

化粧品会社のセミナーなどにも参加し、成分のお話なども良く出ることもあり、この1年で知らないことを沢山知る機会に恵まれたと思います。

そんな時も、もうちょっと美容の知識をつけてお話を聞いたり、コスメを選んだりしたいと思うようになりました。

そんな中、たまたまこの検定試験の情報を見つけ、勉強するきっかけにもなると思い検定を受けることを決めました。
1級・2級どちらを受けてもOKなのですが、仕事や育児の合間の勉強となるので、まずは2級からゆっくり勉強しようと、2級から受けることにしました。

化粧品検定2級とは

日本化粧品検定2級 範囲
化粧品検定の2級は、主に「肌の構造」「肌のお手入れの知識(肌悩みの原因・悩みに応じた化粧品やメイク方法)」「美肌・美ボディのための生活知識(リンパマッサージや生活習慣)」といった内容が中心です。

知っている内容もありましたし、新たに得た知識もありますが、基本的には難しいことはない内容でした。

試験自体はマークシート方式で、日本化粧品検定協会公式の対策テキスト「コスメの教科書」で勉強しておけば、十分合格できる内容だったと思います。

受験してみての感想

コスメの教科書
受験のために勉強することで、漠然ととらえていたことが少し明確に分かったように思えます。
肌の構造や悩みに応じたメイクやスキンケアも以前よりも知識が得られて良かったです。

また、基本的なメイク方法も、チークはどの位置が適しているとかアイブロウの描き方も少し意識してするようになりました。

せっかくなので、もっと勉強を続けていきたいと思います。


ランキングに参加中です!
よろしかったらクリックお願いいたします。
 ↓↓

  にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ