直接お顔にくるくるしてクレンジング!あきゅらいずの石けん「泡石」は濃密泡でさっぱり!

あきゅらいず・泡石(ほうせき)
あきゅらいず美養品「おためし詰め合わせ」をモニターさせていただき、使ってみました「泡石」。
軽いメイクのクレンジングも出来るという、面白い使い方も出来る石けんです。

「泡石」と書いて『ほうせき』

あきゅらいず・泡石(ほうせき)
あきゅらいずのポイントである「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」という東洋ハーブ10種を使った成分をギュギュっと詰め込んだこの石けんは「泡石(ほうせき)」というネーミング。

透明感のある深緑色の子の石けんは、ネーミング通りに濃密な泡立ちが特徴的な石けんです。

東洋ハーブや保湿目的の成分が多く配合

あきゅらいず・泡石(ほうせき):成分

泡石(ほうせき)の成分は以下の通り。

カリ含有石ケン素地、DPG、水、グリセリン、ソルビトール、スクロース、タンジンエキス、セイヨウゴマノハグサエキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナエキス、ポリゴナツムムルチフロルムエキス、スイカズラエキス、アマチャヅルエキス、ムラサキエキス、オタネニンジンエキス、オウレンエキス、コメヌカエキス、カッコンエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、スクワラン、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、グリチルリチン酸2K、スーパーオキシドジスムターゼ、BG、ステアリン酸スクロース、ステアロイルグルタミン酸2Na、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、エチドロン酸4Na、銅クロロフィリンNa

石けん成分であるカリ含有石ケン素地は、肌への刺激が弱く、泡立ちは良く、洗浄力もしっかりした成分です。

タンジンエキス・セイヨウゴマノハグサエキス・オカゼリ果実エキス・ベニバナエキス・ポリゴナツムムルチフロルムエキス・スイカズラエキスアマチャヅルエキス・ムラサキエキス・オタネニンジンエキス・オウレンエキスの10つのエキスは、あきゅらいずオリジナルの東洋ハーブ使用の「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」。
それぞれに期待出来る作用はありますが、保湿を一番の目的として配合されているように思います。

セラミドも、セラミドNP・セラミドAP・セラミドEOPと複数配合。

コメヌカエキスは高い保湿力が、アロエベラ葉エキスやクロレラエキスは保湿効果と収斂作用が期待出来る成分です。

カッコンエキスは美白効果が期待出来ます。

泡石の泡立ちは生クリームのように濃密

あきゅらいず・泡石(ほうせき):泡立ち
泡石は、泡立てネットで泡立てると濃密できめ細かい泡が出来ました。

生クリームのような感じで、洗っていて気持ちが良いです。

洗いあがりは、どちらかというとさっぱりと洗いあがりました。
ですが、つっぱることはなく、必要な皮脂は残してくれている感じです。

まさかの石けんを直接肌にあててクレンジング

あきゅらいず・泡石(ほうせき):クレンジング

ナチュラルメイク程度なら、クレンジングも出来る泡石ですが、その方法がユニークでした。
肌に直接石けんをあててクルクルとさせてから、手でなじませるという方法です。

あきゅらいず・泡石(ほうせき):クレンジング検証メイク落ち検証はミネラルファンデ・アイブロウ・アイシャドウ・口紅。
肌も泡石も濡らしてから始めます。
あきゅらいず・泡石(ほうせき):クレンジング方法泡石を直接あててクルクルします。
この時点で落ちてきています。
更に手でもなじませて、よりメイクを浮かせます。
あきゅらいず・泡石(ほうせき):クレンジング落ち結果ぬるま湯で流して、クレンジング完了。
落とし残しなく、ちゃんと落ちました。

あきゅらいず・泡石を使ってのまとめ

あきゅらいず美養品「おためし詰め合わせ」
石けんだけでクレンジングも出来るのに、ちょっと驚きました。

泡立ては手で行っても、泡の量はネットよりも少ないですが濃密でクリーミーな泡になりました。

洗いあがりがさっぱり落とした感じが強いので、春夏に使用する方がすっきり気持ちよさそうです。

おためしセットはこちらから>>あきゅらいず美養品『お試し詰合せ』1,380円(税込)



【あきゅらいず関連記事】

【あきゅらいず関連記事】
シンプルケアに挑戦!あきゅらいず美養品「おためし詰め合わせ」はさっぱり&しっとり
時短ケアで肌がつるっと!あきゅらいず「優すくらぶ」は「すくらぶ」のネーミングでもほぼパック


ランキングに参加中です!
よろしかったらクリックお願いいたします。
 ↓↓

  にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ