rinRen(凛恋)ボディシャンプー ユズ&ジンジャーは洗い上がりが優しくサッパリ!

rinRen(凛恋)ボディシャンプー
シャンプー&トリートメントに引き続き、ボディシャンプーもトライアルを購入していたので使ってみました。

rinRen(凛恋)について

rinRen(凛恋)は「日本生まれのアロマヘアケア」というコンセプトの商品。
日本各地で作られた国産植物を使ってつくられているそうです。

ノンシリコンで、鉱物油、シリコン、バラベン、合成着色料、合成香料、動物性原料、石油系界面活性剤は全て使われていない優しい商品。

シャンプー&トリートメントの方が有名ですが、ボディシャンプーも出ています。

種類はヘアケア製品と同じ、ローズ&ツバキのしっとり系とユズ&ジンジャーのさっぱり系の2種類あります。

rinRen(凛恋)ボディシャンプー ユズ&ジンジャーの使用感

rinRen(凛恋)ボディシャンプー ユズ&ジンジャー
さっぱりとした使い心地です。

rinRen(凛恋)ボディシャンプー ユズ&ジンジャー:テクスチャーテクスチャーは透明なとろ~っとした液体。
rinRen(凛恋)ボディシャンプー ユズ&ジンジャー:泡立ち泡だてネットのようなボディタオルを使用しているせいもあり、少量でも泡立ちはとても良く、感触としては、クリームのような泡ではなくシュワシュワしたさっぱりとした泡が出来上がります。

泡が多くても泡切れがとても良く、洗い上がりもかなりサッパリしていて気持ち良いです。肌に優しく洗えている感じです。

肝心のユズ&ジンジャーの香りですが、これまたヘアケア以上にほのか〜な香り。
香り自体はとってもとっても良いので、個人的にはもっと香りを感じたいので、やはりこの点は残念です。

わざわざクンクンしないと香らないので、これくらいの強さの香りなら顔に直接つける洗顔料にしてくれたら、必ず香りを楽しめて良いのに、と思いました。

rinRen(凛恋)ボディシャンプー ユズ&ジンジャーの成分

rinRen(凛恋)ボディシャンプー ユズ&ジンジャー:成分

rinRenボディシャンプー・ユズ&ジンジャーの全成分は以下の通り。

水、カリ石鹸素地、ラウラミドDEA、ラウリルベタイン、ココイルグリシンNa、ユズ果皮油、ユズ果実エキス、ショウガ根油、キュウリ果実エキス、ドクダミエキス、チャ葉エキス、ヘチマエキス、レモン果皮油、ライム油、塩化Na、エチドロン酸、エタノール、BG、フェノキシエタノール

ヘアケア製品同様に、鉱物油・シリコン・パラベン・合成着色料・合成香料・動物性原料・石油系界面活性剤、全てフリーのやさしめ成分。

rinRenボディシャンプーは植物性液体石けん。
カリ石けん素地というのは、液体石けんの原料です。
合成洗剤のボディソープなどよりも、肌にやさしいと思います。

rinRen(凛恋)ボディシャンプー ユズ&ジンジャーのまとめ

さっぱりと優しく洗えて気持ち良いので、今の暑かったりジメジメしている時期に丁度良いと思います。

香りは、ユズ&ジンジャーの香りの中で洗えたら癒されると期待してしまうので、私は香りのほのかさがやはり残念。

香りが強いのが苦手な方には、向いていると思います。

詳しくはこちらから>>rinRen(凛恋 リンレン)ボディシャンプー ユズ&ジンジャー




ランキングに参加中です!
よろしかったらクリックお願いいたします。
 ↓↓

  にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ